ノスタルジックな駅とおにぎり

観光

どうも、わかたなです

最近梅雨時期でおでかけしても雨雲が毎回かかっていてちょっと気分も落ち込んでいたのですが今週の日曜日は晴天でこれぞお出かけ日和!

そんな訳でやってまいりました和歌山県伊都郡九度山町の南海電鉄九度山駅!

ここには駅構内にあるおむすび専門てん くど さんを目当てに来たのですがまさかの駅自体がとてもノスタルジックで哀愁漂う様相をしてるじゃないですか!?

私は車を18歳の時に買ってからずっと乗っているので駅に来る事がめっきりなくなっていたのですが久しぶりに来てみるといい物ですね、なんだか子供の頃を思い出させてくれるいいところです

そしてメインとなるおにぎり専門店くどさんにお邪魔しました!

くどさんは駅の改札口から入らなくても駅裏から抜け道があってそこを入口にしてくれています!

そこから駅ホームに抜けていく道も窯の薪の炊ける匂い、薪の焼ける匂いが何とも言えない気持ちにさせてくれます

くどさんに置いてあるおにぎりの種類は沢山あってどのおにぎりを選ぶのかは全部彼女にお任せしました(笑)流石センスの良い自慢の彼女でベストチョイスのおにぎりを選んでくれました

私が食べたのがびんちょうまぐろのうま煮とおかかだったんですがどちらもおにぎりの常識が覆るレベルのおいしさでした!毎日のお昼のお弁当に持っていきたいですね

彼女が食べていたはちみつ梅となまりぶしの味噌マヨネーズだったと思うんですがどちらも幸せそうに食べてました、娘は手と口の周りに米粒をびっしりつけながら塩むすびを頬張っていたので微笑ましかったですね(笑)

そして幸せな食事を終えた後に娘たっての希望で一駅だけ電車を乗ることに!

電車は初めて乗るので緊張していましたが僕の膝の上で上機嫌だったので気に入ってくれたみたいです

そんな思い出を作れる南海電鉄九度山駅、和歌山に電車で来る際は一度立ち寄ってみてはいかがですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました