和歌山県一キツイ階段を登った先にある神社から見える景色がすごい!

観光

どうも、わかたなです

神社巡りっていいですよね、木造建築で建てられた歴史を感じられる建物

その神社のある周りで開かれる昔ながらの祭りや行事などその地域限定の風物詩

そういう物に触れる事が出来るのが神社巡りの醍醐味かなと思います

そんな神社で速玉大社や那智大社の大元にあたる神倉神社に今回行ってまいりました

場所は和歌山県新宮市新宮にあるんですがここがまた和歌山県でも端の端、ほぼ三重じゃないかって場所にあるんです、というかすぐそこの端を渡った先は三重県です(笑)

そんな他の県からくると果てしなく遠く感じる場所の更に車も入っていきずらい細道を抜けた先にある山の裾に神倉神社の入り口があります

このかっこいい橋を越えた先に神社へ続く道があります
これが神社へ上る入口の鳥居です

この鳥居から見える階段を一度見てもらいたい、見るだけで階段を登る気力が無くなるほど急です(笑)

写真からは分かりずらいんですが一段一段の高さが高い所で大人の膝より高い50cm以上あります

見下ろしてる写真なんですが現地に行ってみると下を向くのが怖くて震えるほど(笑)

この階段を踏み外す事を考えたくもないので登る際は細心の注意を払ってください

もう一つ注意点として蚊が多いので虫よけスプレーも持参してきた方がいいと思います

そして登ること15分程でこのゴール近くの鳥居が見えてきます

この鳥居の近くに神社参拝時の手を洗う場所があります
ゴール手前の鳥居を超えた先の道です

この道を少し歩いた先に神倉神社の祭壇のある広場に辿り着きます

この階段を登ったら最後です

この階段を登った参拝する所から見た景色がこちら!

登ってきた道が辛く厳しかったのですがこの景色を見れた瞬間疲れが吹き飛びましたね(笑)

それに毎年この階段を駆け上がる祭りが新宮市にはあるみたいで地域の人達の元気にもびっくりしますね、今はコロナでやってないみたいですが

もし和歌山県新宮市に来る事がありましたら汗をかく覚悟で挑んでみてはいかがでしょう?

コメント

タイトルとURLをコピーしました